嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大阪天満宮「すべらんうどん」 @ 京都妖怪探訪(331)



 どうも、こんにちは。
 シリーズ前回でついにバチを当てられてしまったようですが、それにも懲りずに……いや。注意すべき点はより注意を払って、今後もめげずに本シリーズを続けていきたいと思います。
 前置きはここまで。

 先日センター試験が終わりましたが、まだまだ受験シーズンが続いています。
 そこで今回は、そんな受験シーズンにふさわしい話題をお届けします。
 本シリーズで何度かとりあげてきました怨霊神・菅原道真
 その道真を祀る有名な神社のひとつ、「大阪天満宮」
 「学問・受験の神様」としても有名な道真を祀る神社には多くの受験生が訪れますが、「大阪天満宮」の飛び地境内「星合の池」に立つ「星合茶寮」では、そんな受験生などに向けたうどんが出されています。
 その名も「すべらんうどん」。
 どんなうどんなのか、食べに行ってきました。


 まずは天神橋筋商店街を通って大阪天満宮へ。





 ここまでのアクセスはシリーズ第92回などで紹介したので、今回は省略します。
 アクセスについて詳細を知りたい方は、こちらをご覧ください。



 表門から入ります。












 境内には様々な面白いスポットや、時期毎の行事もいろいろあるのですが、これも今回は省略。
 それらについては、本シリーズの道真関連エントリーの、第93回第94回などでとりあげていますので、興味ある方はそちらもご覧くだされば幸いです。



 境内を抜けて、白米稲荷社横の裏口を通って。









 飛び地境内「星合の池」へ。



 

 シリーズ第252回の繰り返しになりますが、「星合の池」について少し説明を。
 古い言い伝えに寄りますと、「昔、天満宮に神様が鎮座した最初の夜に、大きな松の樹が生え、明星が降臨し、星の光が池の水に光り輝いた」と、あります。その池がここでしょうか。
 現在では、毎年7月7日の七夕の日に「星愛七夕まつり」というイベントが行われているそうです。
 この入り口にかかっている橋は「愛嬌橋」と呼ばれているそうで、「この橋の上で出会った男女は、結ばれる」という言い伝があるそうです。
 以前行った時、この橋の上で私は誰とも会えませんでした。今回は……やはり誰とも出会えませんでしたけど(笑)。



 「祖霊社」。






 「祖霊社」より手前にある「星合茶寮」。 






 ここに目指す「すべらんうどん」が。
 「すべらんうどん」とは言っても、いろいろあります。






 ちょっとだけ考えて、「すべらん天神天うどん」を注文します。






 さて、何故このうどんが「すべらんうどん」なのかといいますと。
 このうどん自体に、お箸でつまんでもすべらない工夫がしてあるそうです。

 以下の写真のように、うどんにスリット(切れ目)が入っています。








 よく見ると、割り箸にも小さな溝が彫られていて、うどんが滑って墜ちないようにする工夫が施されています。
 それで「すべらない」。

 この時たまたま、ここの常連らしき方と同席しましてお話を聞いたのですが。
 このうどんに入れられたスリットには「すべりにくくする」という他に、「出汁をうどんにしみこませやすくする」という効果もあるそうで、薄味の出汁でも十分に味がしみこむそうです。
 そのため、このうどんには薄味の出汁の方が相性がいいという話でした。
 そう言えばこの時食べたうどんの出汁も薄めだったような……。



 星合茶寮にはうどんの他にも、天満宮の象徴のひとつでもある梅に関したメニューがあります。
 
 一杯150円の「梅ジュース」。割とあっさりとして飲みやすかったです。






 一杯150円の「梅ジャムアイス」。バニラとの組み合わせで、ほどよい甘さです。






 持ち帰りもできます。
 1袋・1人前200円の袋と。






 1セット(1箱4人分)1000円のパックも売っています。






 この場所も星合茶寮も、受験生だけではなく、一般の人たちにも親しまれているようです。
 確かに、一杯350円で、ジュースやデザートも150円というのはお手頃価格です。
 こういう一般の人たち、地元の人たちにも気軽に利用できるところが、この店が長く続けてこられた理由かもしれません。
 





 それでは、今回はここまで。
 また次回。





*うどん双樹・すべらんうどんのHP
http://www.udon-soujyu.co.jp/



*大阪天満宮のHP
http://www.tenjinsan.com/



*大阪天満宮への地図・アクセスはこちら




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。