嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

岩屋山志明院(その2) @ 京都妖怪探訪(330)




 どうも、こんにちは。
 どうやら、ついにこの私にも、来るべきものが来てしまったようです。

 最近、オフが公私供に多忙なのに加えて、体調を崩してしまったのとで、ネットに関わっていられる時間がほとんどなかったため、シリーズ前回からまたもや間が開いてしまいましたが。

 まず再開にあたりまして、読者の皆様にひとつお詫びがあります。
 シリーズ前回にて、志明院の仁王門から内部の様子と、そこで行われた石楠花祭の様子とを撮影した写真を付けた記事を書くということを予告しましたが……。
 突然で大変申し訳ないのですが、今回その写真の公開を中止することにしました。そして、今後もその写真を封印することに決めました。
 何故ですかって!?
 それは……この聖域に居られる不動明王、もしくはここに巣くう物の怪たちが、それを許さなかったのではないか。そんな気がしてきたからです。


 どういうことなのかを説明します。






 今月18日、シリーズ前回記事をアップした後は、20日まで泊まりがけの仕事をしていました。
 その仕事を終えて帰宅してから、今回記事の作成に取りかかる予定だったのですが、ここしばらく経験したことの無いような強烈なだるさと疲労感に襲われ、ほとんどパソコンに向かうことすら出来ずに寝込むだけの日が何日か続きました。
 まあ、それだけならば「ただの風邪かな」とか、「いつもの仕事の疲れが重なったのかな」とか思うだけだったのですが。
 それだけではありませんでした。
 今までに経験したことの無いような腹痛が襲ってきました。いつもならば、適当な薬でも飲んでしばらく寝てさえ居れば、このような腹痛もすぐに完治したのですが。これも数日経ってもなかなか治りません。
 そして、やはりこれまで経験したことのないような酷い下痢も、これまた何日間も続くことになりました。
 「まさか、今はやりのインフルエンザか? ノロウィルスか?」などとも思いましたが、そうでもなさそうです。
 このところ気温や天候も不順な中、何日も泊まりがけできつい仕事が続いたために体調を崩してしまったのか、と思う一方で。
 シリーズ記事に書いている途中だった志明院に伝わる以下のような話を思い出しました。


 それは、第二次世界大戦後のこと。
 占領軍の兵士がここを訪れ、寺の秘仏を持ち出そうとしたことがあったそうです。しかしジープは動かなくなり、その兵士も突然の激しい腹痛に襲われます。
 彼は秘仏を持ち出すことを諦め、山門へと戻った途端に痛みが治まったという話です。






 この占領軍兵士の話を思い出した時、私の頭の中にひとつの考えがよぎりました。
 「まさかこれは……天罰か、仏罰なのか? 志明院の不動明王様、あるいは物の怪さんたちは、私ごときが聖域を暴くのを許さなかったのか……?」
 この考えはどちらかというと直感的なもので、明確な根拠とかがあるわけではありません。もちろん、科学的な根拠などあるはずがありません。
 しかし、です。
 正直、ちょっと……いや、大変惜しい気もしたのですが、「志明院の仁王門から奥の写真を弊ブログで公開せずに封印する」ことに決めました。
 すると、その辺りからでしょうか。
 あれだけ酷く、なかなか治らなかった下痢が止まり、腹痛や身体のだるさなども治まってどんどん快方に向かい、今ではすっかり元の元気を取り戻すまでになりました。
 





 もしかしたら、これもただの偶然にすぎないのかもしれません。
 ただ、私にはそうは思えなかったのですね。
 「これはきっと……志明院の不動明王様か、物の怪さんたちが、私が聖域を暴くことを許さなかったのだろうな」
 「おそらくあそこは今でも、私くらいの者ごときが暴くことを許されないような、真の聖地であり、魔境なのだろう」
 そう思うことにしました。






 考えて見れば、『京都妖怪探訪』シリーズの為に、何度もバチ当たりなことや、バチ当たりスレスレとも思えるようなこともやってきたな、と思います。
 例えば神道的な考え方によれば、神仏の姿を人間が直接見るのは畏れ多いことなのです。ましてやカメラで撮影するなどというのは、明らかな不敬行為でしょう。
 あー、そう言えば。
 だいぶ以前(シリーズ第138回)に貴船の奥宮を訪れた時、霊能者らしき方から「竜穴を撮るな」とか怒られたこともありましたっけ。
 いつか何らかのバチが当たる時が来るかもしれないな、とは漠然と思っていましたが……ついに、その時が訪れたようです(苦笑)。



 でもまあ。
 今後はそういったことにも注意しつつ、自然や神仏等に対する畏敬の念も忘れず、されどこれに懲りず……いや、めげずに本シリーズを続けていきたいと思います。






 それでは、今回はここまで。
 また次回。





*岩屋山志明院のtwitter
https://twitter.com/shimyouin



*岩屋山志明院への地図・アクセスはこちら




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神様の領域 - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.