嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

2013年・建仁寺のと紅葉と竜 @ 京都妖怪探訪(326)




 どうも、こんにちは。
 年末に入りますと、公私供にオフが多忙になりまして記事更新が滞ってしまいましたが。
 今年最後の紅葉記事……どころか、今年最後の弊ブログ記事になってしまいましたが。張り切っていきます(笑)。


 シリーズ前回に続きまして、建仁寺の紅葉の光景をお届けします。
 シリーズ前回までは本坊に入るまで、主に境内庭の様子をお届けしましたが、今回は本坊から中の紅葉と襖絵、天井画などの光景を。


 シリーズ前回の『風神・雷神図』から、本坊の中を進みます。






 途中で見た枯山水の中庭です。






 さらに奥には、紅葉に色づいた中庭が。









 シリーズ第268回第269回の時にも訪れましたが、当時は紅葉の時期ではありませんでした。
 しかしその時から「紅葉の時期に訪れたら、楽しいだろうなあ」という気はしていました。

 しかしこの時期の、というか今年の紅葉は、完全に真っ赤に染まるよりも、一部に青葉を残していたりとか、一部だけ色褪せていたりとか、全体的にムラが多かったような気がします。
 そのため、きれいな完全な赤を期待した方には、今年は少し残念な年だったかもしれません。
 ただ青、黄、赤のグラデーションの光景が好きな方にとっては、今年の青葉が混じった紅葉の光景も悪くはなかったのではないかと思います。
 読者の皆様はいかがでしたか?



 本坊から方丈へ。
 方丈の庭園。


 












 方丈の襖に書かれた墨絵の数々。












 『雲龍図』です。
 





 方丈の裏にも、紅葉のある光景が。






 方丈から本堂へ。









 本堂内部の様子。
 以前に訪れた時は工事中でしたが。









 釈迦三尊像でしょうか。


 そして、天井の『双龍図』も健在です。






 改めて見ると、神・霊獣としての威厳と神々しさを身にまとう一方で、はどこか人間的な親しみやすさも見られる。
 「これぞ日本の竜!」と私は思いましたが。
 この『双龍図』。
 今年の前半頃に大阪市立美術館で開催されていたボストン美術館展で展示してありました曽我蕭白(しょうはく)筆の『雲龍図(1763年)』の影響を受けているように思えてくるのですが。






 あの『雲龍図』を見た時の衝撃は大きかったですね。
 あれを見た時には「何と! かつての日本にこんな画を書く人が居たのか!」と思うと同時に、私が日本画に抱いていたイメージが一変してしまいました。

 話を建仁寺の『雲龍図』『双龍図』に戻しますと、同じ作品でもこういう予備知識を持って見ると少し違うような気もします。



 紅葉と庭園、そして名画を楽しんで、建仁寺を後にします。









 今回はここまで。
 この記事が、弊ブログ今年最後の記事になってしまいましたが。

 それでは皆様、また。
 良いお年を。





*建仁寺への地図・アクセスはこちら



*建仁寺のHP
http://www.kenninji.jp/




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。



ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.