嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013年・祇王寺の紅葉 @ 京都妖怪探訪(324)




 どうも、こんにちは。

 またまた霊場魔所の紅葉シリーズ。
 今回はシリーズ第318回でもとりあげました祇王寺の、紅葉に染まった光景をお届けします。

 シリーズ第318回でもとりあげました時には、当初撮りたかった光景を撮ることが出来ませんでした。
 あれはあれでよかったのですが、やはり地面も深紅の紅葉で覆われた祇王寺の光景を撮りたかった。そして、その光景をお届けしたかった。
 シリーズ前回と同じように、今回そのリベンジを果たしに再訪しました。



 厭離庵から、愛宕街道と呼ばれる道をさらに進んでいきます。









 シリーズ第317回でとりあげた壇林寺の前を通って祇王寺へ。









 境内の庭へ。
 以前来た時には、地面が苔の碧(あお)に覆われていたのですが。















 地面に散らばっている葉を見ると、真紅の落ち葉を見るには少し遅かったかな、という気がします。






 でもまあ、これはこれでいいものかな。
 そんな気もします。






 本堂前には、こんな実も。
 「キツネのかお」というものらしいですが。









 祇王一家と清盛の塚にも落ち葉が。






 出口のカラス瓜。良い感じの哀愁も相変わらずです。






 次には、真紅の落ち葉が地面を覆う光景を撮りたいですね。
 いや。
 ここは季節毎に違う顔を見せてくれるそうですから。
 いずれにせよ、また訪れたいですね。









 それでは、今回はここまで。
 また次回。
 シリーズ次回もあと1回、愛宕道沿い霊場の紅葉の光景をお届けします。




*祇王寺への地図・アクセスはこちら



*祇王寺のHP
http://www.giouji.or.jp/top.html



*『京都・嵐山花灯路』のHP
http://www.hanatouro.jp/arashiyama/index.html




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。



ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。