嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013年愛宕道・壇林寺の紅葉 @ 京都妖怪探訪(317)




 どうも、こんにちは。
 霊場魔所の紅葉シリーズ。
 愛宕道の霊場を巡り、その紅葉の光景をお届けする2回目です。
 今回は、壇林寺(だんりんじ)とその紅葉の光景を。
 
 この寺は、平安時代の始めに壇林皇后こと、嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子が創立し、平安初期の仏教と文化の中心地になったともいう、歴史と由緒のある寺です。



 前回の続き、今回も愛宕街道を歩き続けます。









 途中、案内板や石柱とかも立っていますので、目指す場所がどこにあるかもわかりやすいです。


 道中にも、こういう紅葉の光景も見られたりして。






 また喫茶店とか、食べ物や土産物を売っている店もあったりして。
 たとえば、こんないちご大福や団子などを売っていたりして。






 ちょっと食べて、小腹を満たした後、さらに歩きます。


 すると見えてきました。
 目指す壇林寺の門が。





 門の周りの様子を見ると、まだ青葉も残っている様子。
 「嵐山・嵯峨に紅葉を見に来るのは、まだちょっと早かったかな」という気もしましたが。
 「いや、青葉と紅葉が混じったグラデーションの光景も、それはそれでいいか」と思い直して、入ります。












 境内の庭には、地蔵菩薩像なども。









 ここで、この寺を創建したという壇林皇后の話を少し。
 壇林皇后は、知性と美貌にあふれ、また信心深く仏教に深く帰依した皇后としても知られます。

 そして、この『京都妖怪探訪』シリーズにおいては、京都・東山の「六道の辻」付近に立つ西福寺に関係の深い人物として、とりあげたことがあります。
 本シリーズを古くからの読者さんの中には、覚えておられる方もおられるかも。
 さらに西福寺には、この壇林皇后が死んで、その遺体が腐って朽ちていく様子を描いた「壇林皇后九相図絵」というものが残されています。
 壇林皇后とはどんな人物だったのか。
 何故、そんな図絵が遺されているのか。
 そういった疑問について、シリーズ第203回で、京都で活躍中の妖怪絵師・葛城トオル氏が語っておられる動画がありますので、参考までに貼っておきます。







 この時は、中へ進んでいくほど紅葉の赤も濃くなっていくようです。















 本堂には壇林皇后の姿を模したとされる本尊が祭られてあり、本堂から続く霊宝館には、仏画や仏像など様々な宝物が並んでました。
 その中で私個人の興味を引いたのが、寺所蔵の天神(菅原道真)像です。ここの天神像、なんと子供の姿で表現されています。
 「古来より日本では、鬼や神、あるいは怨霊となった者は子供の姿で表現される」とも言われてきました。有名な酒呑童子や茨木童子のように、鬼も「○○童子」とか呼ばれるのも有名な話ですし。
 菅原道真といえば、元は怨霊。子供姿で表現されることの多い聖徳太子にも、怨霊説(=非業の死を遂げたという説)がささやかれています。この寺の道真像は、そうした説を裏付けてくれるようでもあり、興味深かったです。



 本堂、霊宝館からさらに進みます。









 庭園内にある「ひょうたん池」。






 夏になるとモリアオガエルの産卵と卵が見られるそうです。7~8月頃に来ると、面白い光景が見られるかもしれません。
 
 さらに進みます。









 出口の手前に、今までで一番鮮やかな紅葉が。












 それでは、今回はここまで。
 また次回。
 シリーズ次回も、愛宕道沿い霊場の紅葉の光景をお届けします。




*壇林寺への地図はこちらを参照。




*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。