嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012年・秋の夜の知恩院(その3)




 どうも、こんにちは。
 前々回前回の続きで、2013年12月頃に訪れた、秋の夜の知恩院の光景をお届けします。
 ただ前2回は紅葉が中心でしたが、今回は紅葉以外の、夜の知恩院の光景も。


 前回の納骨堂の辺りから、階段を上っていきます。









 階段を上った先にある「大鐘楼」。





 重要文化財にも指定されているこの大鐘楼は、京都の方広寺、奈良東大寺と並ぶ大鐘として知られています。
 大晦日の除夜の鐘では、独特のつき方をすることでも有名です。


 階段を降りて、阿弥陀堂へ。









 阿弥陀堂ではこのような献灯をやっていました。





 阿弥陀堂の内部は撮影が禁止されていたため、残念ながらここまでしかお見せすることができません。



 坂道を下って、入り口・三門の方へと戻ります。









 三門へ。





 この時、三門内部の一般公開が行われていました。
 せっかくの機会ですので、三門内部へも入ります。

 



 ご覧の通り、急な階段です。


 三門内部には、貴重な仏像などがたくさん並んでいました。
 が、三門内部も撮影を禁止されていましのたので、その様子をここでお届けすることができません。
 その代わりになるわけではありませんが、三門の上から観た京都の夜景でも。












 知恩院境内の「友禅苑」もご覧の通り。






 三門の上から下へと戻ります。
 かなり急な階段ですから、降りる際にも注意が必要です。






 こうして夜景と紅葉を楽しんで、夜の知恩院を後にします。






 今回で2013年秋の夜の知恩院巡りを終わります。
 今年もまた、知恩院の夜間拝観があるそうです。紅葉の見頃はまだ先になりますが、楽しみですね。


 それでは、今回はここまで。
 また次回。





*知恩院へのアクセス、周辺地図はこちら



*知恩院のHP
http://www.chion-in.or.jp/index.php



『京都妖怪探訪』もよろしく!



*この記事はこちらからの転載です。




ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。