嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

源融の墓と豊臣秀頼の首塚@京都妖怪探訪(308)




 どうも、こんにちは。
 シリーズ前回から1ヶ月以上経ちましたが、『京都妖怪探訪』シリーズを再開したいと思います。

 8月の終わり頃、京都・嵯峨の有名な古刹のひとつ、“嵯峨釈迦堂”こと清涼寺を訪れました。
 その時目にした清涼寺境内にある面白スポットのいくつかを、今回紹介します。
 源融の墓とか、豊臣秀頼の首塚とか。



 まずは、アクセスから。
 アクセス方法はいくつかありますが、そのうちの3つを紹介します。


 JR・山陰本線の「嵯峨嵐山」駅。ここから歩いて15~20分ほどです。






 京都市営バス京阪バス「嵯峨釈迦堂前」停留所から、歩いて数分ほど。


  



 京都市営バス「嵯峨小学校前」停留所からも、歩いて5分ほど。






 嵯峨薬師寺及び、釈迦堂(清涼寺)の主なアクセス方法はだいたいこんなところでしょうか。
 少し歩けば、清涼寺の大きな門が見えてきます。















 門をくぐって境内へ。
 両脇には門を守護する2体の仁王像が。









 嵯峨釈迦堂の本堂。






 実は今回ここを訪れた主目的は清涼寺の参拝ではないのですが、清涼寺の境内にもいろいろ面白いものがありますので、ちょっと寄り道をしていきます。


 浄土宗の開祖・法然上人の像と多宝塔。





 ここは浄土宗の寺院ですから、法然上人の像が。



 清涼寺の庫裏。





 庫裏(くり)とは、僧侶の居住・生活する場所みたいなものですね。



 清涼寺を開山したちょう然上人の墓です。






 嵯峨天皇とその后・檀林皇后の宝塔です。





 小野篁が尊敬して仕えたのが嵯峨天皇です。
 檀林皇后も、いろいろなエピソードがある人です(※シリーズ第203回等を参照)。
 なお幕末まではここが嵯峨天皇の御陵となっていたそうですが、現在では大覚寺の西北、嵯峨野の北にある御廟山の山頂にある嵯峨山上陵(さがのやまのえのみささぎ)が墓所となっています。



 嵯峨天皇の十二男で、『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルとなったとされる平安時代初期の公家・源融(みなもとのとおる)の墓。





 ここ清涼寺は、元々は源融の山荘「棲霞観」(せいかかん)でだったそうです。
 源融本人が亡くなって棲霞寺と改めらたが、天慶8年(945年)醍醐天皇・皇子の重明(しげあきら)が、亡き妃のために新堂を建て、開山・ちょう然上人が宋に渡った際に造ったという釈迦如来を安置したのが始まりだそうです。
 


 阿弥陀堂。





 寛平7年(895年)、源融の死後に遺族がこの御堂を建立しました。
 現在の阿弥陀堂は、何度かの火災で焼失した後に、江戸時代末の文久3年(1863年)に再建されたものだそうです。
 ところで、『京都妖怪探訪』シリーズ関連で言えば。
 源融は「河原院」という広大で壮麗な邸宅を建てた事でも有名です。
 その死後、河原院が天皇に献上された後も未練を残して宇多上皇の前に化けて出てきたなど、亡霊となって迷い出て災いをなしたこと。さらに河原院が、平安京でも有名な心霊スポットとなったことでも有名です。
 河原院跡については、シリーズ第15回でも取り上げたことがあります。
 
 しかし……。
 ここ清涼寺となった、棲霞観もいいところです。
 河原院を失っても、源融にはこんないい住処があったのに。
 死後も化けて出るほど未練を残して、しかも人妻を襲ってやがるとは、源融という人は一体何を考えているのか?
 そんなことを思ったりしたものですが。
 壮麗な邸宅や山荘どころか、金もないし、女性にもあまり縁のない、私のような者にはちょっと理解できません(苦笑)。



 さて、他にも清涼寺境内には、面白いスポットがいくつもあるのですが。
 記事が長くなり過ぎますので、あとひとつだけとりあげます。



 本堂のすぐ隣に立つ「豊臣秀頼の首塚」。





 昭和55年(1980年)に大阪城・三の丸跡地の発掘調査現場から出土したという豊臣秀頼の首を、昭和58年(1983年)に葬ったのがこの塚だそうです。
 慶長20年(1615年)大阪冬の陣の際、豊臣秀頼は母・淀君と共に自害し、その遺体も残らなかった。
 通説ではそう言われてきたはずですが。
 また、遺体が残らなかった上に、秀頼絶命の瞬間を目撃した生存者が居なかったため、「実は薩摩や琉球で生き延びていた」等の生存説も一部で流されていましたが。
 なお、出土したという首が秀頼のものだと考えられた理由が、首に介錯の跡があったのと、耳に障害があったことが確認され、さらに死亡時の年齢や身体的特徴等から、秀頼の首だと類推されたそうです。
 確かに、それだと本当に秀頼の首である可能性は高いでしょうが、100%断定できるものでもないと思います。
 鑑定などの技術がさらに進歩して、あるいはさらなる物証が出たりして、いずれその真偽が明確になる時が来るかも知れませんが。
 ただこういう歴史や伝説上の謎は、不明確なままで、様々な諸説が囁かれている方が、ある意味面白いかもしない。
 変な話ですが、そんな考えも浮かんだのですが、いかがでしょうか。



 さて、記事がそこそこの長さになったので、今回はこの辺で切りたいと思いますが。

 ところで、記事中で「今回ここを訪れた主目的は清涼寺の参拝ではない」と申し上げました。
 では清涼寺を訪れた主目的は何かと言いますと。
 “生の六道”とも言われた清涼寺境内の薬師寺で、毎年8月24日に行われる「地蔵盆」を見るためなのです。
 この嵯峨・薬師寺の地蔵盆には、何年か前にも訪れたことがあったのですが、今回も再び訪れる機会があったので、こうして来ました。
 その時、貴重な秘仏や寺宝等も見せていただいたのですが、あれから写真の腕前も少しは上達してもっと良い写真が撮れるかもしれませんし、また前回訪れた時とは違った発見もあるかもしれない。
 そう思って再訪したのですが、そのついでに通った清涼寺境内にもいろいろと面白いスポットがありましたので、こうして記事にしたのです。
 
 いかん。
 またしても、行き当たりばったりな私の性格が、明らかになってしまいました(苦笑)。



 最後に、境内庭の写真を。





 ここは秋になれば紅葉が楽しめそうな場所ですね。
 もうそろそろ紅葉の季節ですから、機会があれば訪れてみてはいかがでしょうか。



 それでは、今回はここまで。
 シリーズ次回は、何年かぶりに訪れた嵯峨・薬師寺の地蔵盆の様子をお届けします。





*嵯峨・薬師寺へのアクセスについてはこちらを参照。   


*嵯峨・薬師寺のHP
http://yotsuba.saiin.net/~saga/yakusiji/index.html



*京都妖怪探訪まとめページ
http://moon.ap.teacup.com/komichi/html/kyoutoyokai.htm



*この記事はこちらからの転載です。



ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー



岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史&スピリチュアル・ミステリー - ジャンル:











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.