嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

2012年最後の挨拶に代えて




 読者の皆様へ。
 本年も、弊サイトを読んでいただきましてありがとうございました。
 来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 良いことも、悪いことも。
 今年もいろいろとありました。

 来年も、まあ何とか。
 ボチボチとやっていきたいと思います。
続きを読む…
スポンサーサイト

テーマ:ご挨拶 - ジャンル:その他

12/30のツイートまとめ
komichi2

京都妖怪探訪(245):番外編・京都地下鉄『青の祓魔師』スタンプラリーhttp://t.co/nMmZMlNX #AutoPage
12-30 13:50

京都妖怪探訪(244):嵯峨・野宮踏切



 前回の野宮神社からの続きです。
 野宮神社の前から、北へ少し歩いた場所に、JR山陰本線の「野宮踏切」があります。
 この踏切、一部のマニアなどの間では有名な心霊スポットであるそうです。

 このスポットについては、「昔、失恋した女子高生が自殺した」「カップルで通ると災いがある」だとかいう話があるそうです。
 また、「深夜にこの踏切を通ると、自転車が突然ズシリと重くなる事があり、振り返ると自殺者の霊がいる」という話も。

 ちょうど『京都嵐山花灯路』で訪れたついでに、夜の野宮踏切も訪れてみることにしました。
続きを読む…

テーマ:なんだコレ!? - ジャンル:

京都妖怪探訪(243):再び、野宮神社




 どうも、こんにちは。
 ここしばらく、『京都嵐山花灯路』の話題をしてしましたが、その時にライトアップされた場所の一つに、妖怪伝説の地がありましたので訪れてみました。

 実は今から3年ほど前、やはり『京都嵐山花灯路』の時に、ライトアップされたこの地を訪れています(注:シリーズ第27回参照)。
 この度、再び訪れてみました。
12/28のツイートまとめ
komichi2

京都妖怪探訪(243):再び、野宮神社http://t.co/THeEyzYX #AutoPage
12-28 21:17

こんばんわ。今夜も少しつぶやきます。
12-28 21:49

【原発ゼロ社会】 「東京新聞」の社説が素晴らしい~腐りきった大手マスゴミを駆逐すべし! http://t.co/4YgzXNJx これこそ、「よくぞ言ってくださった!」と思う。
12-28 21:55

民主党「次の内閣」発足 命名「党再生内閣」 - 朝日新聞デジタル http://t.co/Ipqx6LPc しかし、この人達にはもう次は無いと思う。
12-28 21:59

@ja8yum こんばんわ。今夜もよろしく。
12-28 22:04

森裕子氏、文芸春秋に勝訴…笑い声の証拠ない : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/aWvfy3lT よくやってくれた! 小沢一郎氏以下の生活党議員や、旧民主党議員にもこれくらいの根性があって、マスコミの傲慢と戦えばよかったのに。
12-28 22:27

森裕子氏、文芸春秋に勝訴…笑い声の証拠ない : http://t.co/aWvfy3lT 相手が強大な権力・影響力を持つ大マスコミであっても、その理不尽に対しては、堂々と戦うべきだ。この訴訟や、TBS不二家捏造報道騒動などのように、路は開けるし、そうでなければならない。
12-28 22:33

戦後の日本の自称保守・右翼・愛国者の多くがそんなものですよ。彼らの実態は「強者へ迎合者」。戦前は天皇やお上が最強だったが、米国というより強い存在が現れたので、アメポチになっただけ。 RT @hyodo_masatoshi 安倍の理念の正体は、「右翼」というより、対米隷属である。
12-28 22:41

「不正選挙」の真偽はともかくとしても、一企業に、しかもこういう疑惑のある企業に選挙の運営を任せるのは、危険だと思わないか? 「私は陰謀論に与しない」とカッコつけてる場合か? ⇒ 『「ムサシ」は投票機器からスタッフ派遣まで独占状態!』 http://t.co/NKVDX4Ky
12-28 22:47

勝俣邸ハンストの右翼青年 今年は東電前で座り込み  http://t.co/Sfa8Ui6C @tanakaryusakuさんから 私は「戦後の自称保守・右翼・愛国者のほとんどは、その正体がアメポチだ」と言ったが、こういう人は例外だ。真のナショナリストであると認める。
12-28 22:59

12/28のツイートまとめ
komichi2

京都妖怪探訪(243):再び、野宮神社http://t.co/THeEyzYX #AutoPage
12-28 21:17

こんばんわ。今夜も少しつぶやきます。
12-28 21:49

【原発ゼロ社会】 「東京新聞」の社説が素晴らしい~腐りきった大手マスゴミを駆逐すべし! http://t.co/4YgzXNJx これこそ、「よくぞ言ってくださった!」と思う。
12-28 21:55

民主党「次の内閣」発足 命名「党再生内閣」 - 朝日新聞デジタル http://t.co/Ipqx6LPc しかし、この人達にはもう次は無いと思う。
12-28 21:59

@ja8yum こんばんわ。今夜もよろしく。
12-28 22:04

森裕子氏、文芸春秋に勝訴…笑い声の証拠ない : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/aWvfy3lT よくやってくれた! 小沢一郎氏以下の生活党議員や、旧民主党議員にもこれくらいの根性があって、マスコミの傲慢と戦えばよかったのに。
12-28 22:27

森裕子氏、文芸春秋に勝訴…笑い声の証拠ない : http://t.co/aWvfy3lT 相手が強大な権力・影響力を持つ大マスコミであっても、その理不尽に対しては、堂々と戦うべきだ。この訴訟や、TBS不二家捏造報道騒動などのように、路は開けるし、そうでなければならない。
12-28 22:33

戦後の日本の自称保守・右翼・愛国者の多くがそんなものですよ。彼らの実態は「強者へ迎合者」。戦前は天皇やお上が最強だったが、米国というより強い存在が現れたので、アメポチになっただけ。 RT @hyodo_masatoshi 安倍の理念の正体は、「右翼」というより、対米隷属である。
12-28 22:41

「不正選挙」の真偽はともかくとしても、一企業に、しかもこういう疑惑のある企業に選挙の運営を任せるのは、危険だと思わないか? 「私は陰謀論に与しない」とカッコつけてる場合か? ⇒ 『「ムサシ」は投票機器からスタッフ派遣まで独占状態!』 http://t.co/NKVDX4Ky
12-28 22:47

勝俣邸ハンストの右翼青年 今年は東電前で座り込み  http://t.co/Sfa8Ui6C @tanakaryusakuさんから 私は「戦後の自称保守・右翼・愛国者のほとんどは、その正体がアメポチだ」と言ったが、こういう人は例外だ。真のナショナリストであると認める。
12-28 22:59

2012年『京都嵐山花灯路』(その3)




 冬の京都のイベント『京都花灯路』
 そのうち、今月17日まで行われていました、2012年の『京都嵐山花灯路』の記事の第3回目です。

 今回は、松尾芭蕉の弟子の一人として有名な俳人・向井去来(むかい・きょらい)ゆかりの遺跡「落柿舎(らくししゃ)」のライトアップされた光景をお届けします。
続きを読む…

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

2012年『京都嵐山花灯路』(その2)




 今や冬の京都のイベントのひとつとして定着した『京都花灯路』
 そのうち、今月17日まで行われていました『京都嵐山花灯路』の記事の第2回目です。

 今回は、『京都嵐山花灯路』の名物のひとつというべき、ライトアップされた「竹の小径」の光景をお届けします。
続きを読む…

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報


copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.