嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012年5月の小休止・ぷらす・あるふぁ




 どうも、こんばんわ。
 
 突然ですが、最近また急にオフが多忙になったので、ブログ記事等の更新を少しだけお休みさせていただきます。
 私の仕事では、時々こういう時がありまして……。

 次の記事更新は、今月の終わり頃……早くても20日より後になると思います。
 多分。
 遅くても今月30日頃までには、何とか再開したいと思いますので、しばらくお待ちください。
続きを読む…
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

京都妖怪探訪(181):千本えんま堂大念仏狂言『雷』




 「あの世とこの世とを自由に行き来した」とか「地獄でえんま大王の補佐をしていた」などの伝説が残る平安時代の超人・小野篁
 彼が開いたという、地獄のえんま大王を祀る「千本えんま堂(引接寺)」。
 本シリーズでも何度かとりあげたスポットですが、今回はここに伝わる「千本えんま堂大念仏狂言」をとりあげます。
 
 シリーズ前回でも少し触れましたが、この寺を開山した定覚上人が「えんま王の御心によって起された奇跡を伝えるため」に、つまり布教と、京の葬送地に葬られた人々の供養のために始めたものです。
 こうした布教の進める中で寺社勢力が興した狂言を「念仏狂言」と言います。
 これはら時代が経るにつれて宗教色も次第に薄れ、現在に至っています。
 現在京都には、「壬生狂言」「神泉苑狂言」「嵯峨(清涼寺)狂言」、そして「えんま堂狂言」の4つの念仏狂言が残されており、それぞれ登録無形民俗文化財や無形重要文化財に指定されています。
 ほとんどの念仏狂言が、囃子に合わせての無言劇なのに対して、この「えんま堂念仏狂言」にはほとんどの演目に台詞があります。
 しかも現代人の我々にも平易でわかりやすい言葉ですので、鑑賞もしやすくなっています。


 今回は、そんなえんま堂念仏狂言のうち、『雷(かみなり)』という演目の様子を紹介します。
05/11のツイートまとめ
komichi2

さて、ここいらで私は離脱します。ツイートにお付き合いくださった方々、ありがとうございました。では、また!
05-11 17:28

昨年書いた弊ブログ記事だが、もう一度呼びかけたい。節電言うなら、まずテレビを消せ! せめて視聴時間を減らせ。アナログ終了の7月24日を「節電記念日」にしよう! http://t.co/hwuFZRGT #脱テレビ #脱原発
05-11 17:13

主婦などの一般人を装い、「優しさ」を演出したこの種のプロパガンダが一番タチ悪いと思う。アゴラ研究所とは何者ぞ。 → 放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から-自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に - GEPR #BLOGOS http://t.co/9SUEAbXW
05-11 16:23

こんな記事を参考にされる前に、アゴラ研究所なる団体について調べられたら良かったかと。RT @amneris84 【参考】放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から-自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に - GEPR #BLOGOS http://t.co/9SUEAbXW
05-11 16:21

【注意!】あの池田信夫が代表をしているというアゴラ研究所なる団体が書いたこんな記事が広まり始めているようです! → 放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から-自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に - GEPR #BLOGOS http://t.co/9SUEAbXW
05-11 16:07

そんな記事を出しているアゴラ研究所がどんな団体なのか知った上で記事紹介してますか? RT @amneris84 【参考】放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から-自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に - GEPR #BLOGOS http://t.co/9SUEAbXW
05-11 15:50

@sensouhantai そう言えば以前、弊ブログでの発言を元に記事を書いた女性ブロガーさんに対して執拗に粘着し続けたのに、発言元の私に対しては一言も言って来なかったネトウヨさんも居ました。ある種の愛国者さんたちには、相手が女性だとハッスルする性質があるのでしょうか?(苦笑)
05-11 15:44

やたらと強権やマッチョイズムを振りかざす人にはたいてい、女性とか、自身の身体性的なこと等について、何らかのコンプレックスがあるものですよ。ジリノフスキーとかいう人も。ネトウヨさんたちも。RT @sensouhantai そういや府知事になって最初にキレたのも女性職員が相手だった
05-11 15:31

@Gid_07 ども!(笑)
05-11 15:26

やはり、あの行政・司法・マスコミ・野党・旧与党も一体になった怒濤の如き小沢潰しは、旧ソ連の8月クーデターと同じではないかと思う。旧体制と既得権益にしがみつく人々による必死の抵抗だ。どちらかが倒れるまでやるしかない。向こうが諦めることも、中途半端な妥協もできるはずがないのだ。
05-11 15:23

05/08のツイートまとめ
komichi2

原発再稼働しない場合、電力9社の赤字は約2兆6,800億円と試算 http://t.co/hkYbD5Xf #FNN 電力会社が「停電になるぞ」と恫喝してまで原発再稼働を強行したい本当の理由はこれか? 原発に依存せざるをえないような経営をしてきた責任こそ追及されるべきでは?
05-08 13:55

ガールズバー店長 一部不起訴 NHKニュース http://t.co/VfhNQGKw 風俗店で小学生や中学生を雇っていたという店長に対して、起訴しない(それに関する罪に問わない)という検察。しかも、その理由を明らかにしない。この話は本当か?本当ならば、検察は腐りきっている!
05-08 13:19

フジTVも最悪だ。あそこは昔から、弱者や少数者を笑い者にし、いじめなどの害悪を社会全体に垂れ流し続けている。 RT @y_masuk 産経は新聞社に非ず、三流週刊誌以下のゴロツキ会社である、こんな新聞を読んでいると人格を疑われる、直ちに止めた方がいい。
05-08 13:02

京都妖怪探訪(180):千本えんま堂・その7




 前回の続きで、普賢象桜の咲く千本えんま堂を訪れた時の記事です。
 その際、境内の精霊(しょうろう)堂という建物が茶室として開放されており、庵主さんにお茶とお茶菓子をごちそうになりました。
 さらにその際、精霊堂に安置されていた3体の貴重な仏像を間近に拝むことができ、さらに撮影のお許しまでいただきました。
 その3体の像は、シリーズ第42回でも少しだけ紹介させていただきましたが、今回は明るい中で、より間近で撮影することができました。
京都妖怪探訪(179):千本えんま堂・その6




 もう桜は散ってしまったのですが(笑)、今回も京都の霊場魔所の桜について。
 今回は、本シリーズで何度か(第42回第164回などで)とりあげた「千本えんま堂」の桜をとりあげます。
 千本えんま堂境内の庭には、現在でも「普賢象桜」という桜が咲きます。
 この桜は、かつて船岡山の刑場の麓に植えられたという桜であり、花冠のまま落ちるというこの桜の散り際が、まるで切り落とされた罪人の首の姿に似ていると考えられました。
 京都所司代は、この花を罪人に見せて仏心を起こさせた、とも伝えられています。
 応永15年(1409年)に参詣した後小松天皇や足利義満がこの花に感服したという話が有名ですが、多くの貴人がこの花を見るためにえんま堂を訪れたという記録もあるそうです。
 毎年4月後半頃に見頃を迎えるという少し遅咲きの桜です。
 毎年4月の第3土曜日にはこのえんま堂にて、「普賢象桜の夕べ」という行事が行われ、茶会や奉納舞台が行われるそうです。
 残念ながら今年は仕事の都合で、この「普賢象桜の夕べ」に参加することは出来ませんでしたが、別の日に訪れてこの桜と精霊堂の3体の仏像とをじかに目にし、さらにお茶までいただくことができました。
続きを読む…

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

今夜はこれだけにて




 どうも、こんばんわ。
 この写真は、京都市内の某所にて撮影しました石楠花(シャクナゲ)の写真です。

 ここ一週間ばかり、いわゆる連休期間も、オフが公私共に多忙で、なかなかネットにかまっていられません。
 仕事もほとんど平常通りありますし、何日かに一回の休みでも、どこかに出かけていますし。
 それで、『京都妖怪探訪』シリーズなどのブログ記事も、ツイッターの方も、なかなか手が回らずにいます。
続きを読む…

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

京都妖怪探訪(178):千本釈迦堂とおかめ伝説(後編)





 前回記事に続いて、旧京都市内最古の木造建築で、桜とおかめ伝説の霊場でもある大報恩寺、通称「千本釈迦堂」を訪れた時の記事です。

 本堂前の庭やおかめ塚などを見た後、本堂と霊宝館(宝物館)にも入りました。
 入場料を支払わなければなりませんし、また霊宝館内での撮影は許可をもらえませんでした。さすがに貴重な仏像などの寺宝をそう簡単には撮影させてもらえないということでしょう。
 しかし本堂内での撮影は禁止されませんでしたので、国宝にも指定され、応仁の乱以前から残されてきたという本堂内の様子を、ここでお届けすることができました。
続きを読む…

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行


copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。