嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
もう「日常」に戻ります



 ここしばらく、東北関東大震災や福島の原発事故などの影響で私も「自粛」ムードに入り、更新を止めていましたが、この辺りで活動を再開することにします。
 
 いや、むしろ。
 こういう時だからこそ、変な罪悪感にとらわれてあらゆる活動を自粛するのは辞めようと言いたいのです。

 さて、前回記事からまた2週間空けてしまいました。
 前回は『そろそろ「日常」に戻りたいところですが……。』などと言ってましたが、今回で「日常」に戻ることにしました。


 今月11日に発生した大震災は、東北や関東などに未曾有の、非常に深刻な被害をもたらしました。
 さらに今回は、福島で最悪の原発事故が発生。「大丈夫」とか「問題はない」とか言ってた政府や電力会社、自称「専門家」などの当初の予想とは裏腹に、状況はどんどん悪化していっているようです。
 テレビやネットのニュースなどを見ても、連日悪い情報ばかりが目に付きます。
 政府などが発表する楽観的な話も信用できず、連日伝えられる現実の前には説得力も持たず、かえって「本当はもっと悪いことが起こっているのではないか?」という不安を煽るだけです。
 
 このような状況では、気分が沈んでしまうのも無理はないかもしれません。
 弊サイトだけではなく、他にも更新が滞りがちになったサイトがいくつもあるようです。
 ネット社会だけではありません。
 各地で様々なイベントが中止になったりして、まるで昭和天皇が亡くなられた時を思わせるような……というより、あの時以上の長く、暗く、沈んだ「自粛」ムードが日本全体を覆っているかのようです。
 その中では、まるで自分だけが今を楽しむことが罪悪であるかの想いを抱く人も少なくない……って、私もその一人だったのですがね。

 
 ただ、それももうそろそろ終わりにします。
 ちょっと無理をしてでも、「日常」に復帰することにしました。

 確かに「被災地や被災者の方々のことを思えば、国・社会全体が大変なことになっているのに、自分だけヌクヌクと今を楽しんでいいのだろうか?」という気持ちになるのも、わからないではありません。
 かくいう私も、そういう気持ちにとらわれたことがありました。

 しかし一方で、「このままではダメだ。何とか日常に復帰しなければ!」という気持ちもわき上がってきました。
 被災地や被災者の方々に想いをはせるのは大事ですが、だからといってそれで自分の日常までも犠牲にする必要はないのではないか、とも思うのです。
 いや、お叱りやご批判なども覚悟の上で言えば、逆に中途半端な気持ちで「萎縮」や「自粛」をすることは、かえってマイナスの結果にしかならないのではないか、とも考えたのです。
 その理由は、だいたい以下の3つです。


1・中途半端な「萎縮」や「自粛」単なる自己満足にしかなりえないから。

2・被災地の復興や被災者の救済までの道のりは、長くなるであろうから。

3・皆が「萎縮」「自粛」したままだと、日本の政治・経済活動にもマイナスの影響を及ぼし、それが被災地の復興、日本の再生などの足をも引っ張るだろうから。
続きを読む…
スポンサーサイト

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

そろそろ「日常」に戻りたいところですが……。



 
『京都妖怪探訪』など、記事の更新が滞っておりました。
 ネタがないわけではありません。それどころかむしろ、ネタや京都の妖怪・不思議スポットなどの写真のストックが、まだまだたくさんあって、記事を書くだけの時間などがいくらあっても足りないくらいで。
 特に、最近訪れた下鴨神社のひな祭りとか、北野天満宮の梅園や不思議スポットなどの記事も早くあげたいと思っておりましたが……。


 ただ……。
 ここ数日は、どうしても趣味の記事等を書くという気が起こらないのですね。
続きを読む…

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

京都妖怪探訪(97):西院春日神社と疱瘡石




 
 本シリーズで何度も見てきましたように、京都市内には何気ない街の風景の中に、または市民がごく普通に生活している空間の中に、いきなり不思議な由緒や伝説が遺っていたり、劇的な事件や歴史的事件があった霊場魔所があったりすることが、しばしばあります。
 今回紹介します西院春日神社も、そんなスポットのひとつです。
 2月15日まで行われていました『平成23年・京都十六社朱印めぐり』のうちのひとつとして訪れた場所ですが、ここの由緒などを調べてみればなかなか面白いものがあり、本シリーズでもとりあげるにふさわしい、と考えました。

 病に倒れた皇女の身代わりになって病を引き受けたという霊石や、災害や疫病に苦しむ民衆に献身的に尽くし続けた皇后を祀った小さな境内社など。そういったものが、町中の神社の中に何気なく遺っている。
 そんな場所です。

 主な祭神は、建御賀豆智命(タケミカヅチノミコト)、伊波比主命(イワヒヌシノミコト)、天児屋根命(アメノコヤネノミ)、比売神(ヒメガミ)です。
 833(天長10)年に淳和天皇が淳和院(西院)に移った際、奈良春日大社より分霊を迎えて祀ったことに由来します。つまり、元々は皇室などの守護神だったのです。

 現在でも、病気平癒や旅行の安全、その他厄除けなどに崇められています。
 今回は、この神社が病気平癒や旅行の安全な神として多くの人に崇められるに至った、この神社に遺されている不思議な由緒や伝説などと共に紹介します。
京都妖怪探訪(96):特別編:大阪天満宮の梅




 今回も「菅原道真と梅」をテーマに大阪天満宮の記事を書きますが、今回は境内の一角で見かけた梅の写真を紹介するだけにしておきます。
京都妖怪探訪(95):特別編:大阪天満宮・2011年「てんま天神梅まつり」




 今回も、「菅原道真と梅」をテーマに大阪天満宮の記事を書きますが、今回は「特別編」として、先月28日まで開催されていました「てんま天神梅まつり」をとりあげます。
続きを読む…

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

京都妖怪探訪(94):大阪編:大阪天満宮・その3




 大阪天満宮をとりあげる第3回目です。
 今回は天満宮の境内にある摂末社のいくつかをとりあげたいと思います。

 いくつもある摂末社で最も重要なもののひとつが、冒頭の画像でも紹介しました大将軍社です。
 この大将軍社は本殿より前からこの地に建っています。
 というよりも、この大阪天満宮の前身みたいなものです。
 前々回でも触れましたが、大阪天満宮には次のような不思議な由緒が伝わっています。
 
 菅原道真は、藤原氏の陰謀によって太宰府に左遷させられる際に、摂津中島の大将軍社に参拝しました。
 その2年後の903(延喜3)年、道真は59歳で亡くなりました。
 そのさらに約50年後の、949(天暦3)年のある夜、大将軍社の前に突然七本の松が生え、夜毎に金色の霊光を放ったと伝えられています。
 この不思議な出来事を聞いた村上天皇は、これを菅公(道真)に縁のあることだと考え、この地に道真を祀るように命じました。
 それがこの天満宮のはじまりだと伝えられています。

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。