嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都妖怪探訪(93):大阪編:大阪天満宮・その2




 前回からの続きで、「梅と菅原道真」をテーマに、大阪天満宮の「てんま天神梅まつり」を訪れた時の記事です。

 今回は、表門から境内の本殿の様子を。それと、「梅まつり」に関連して開催されていた「梅酒大会」の模様を記事にします。
続きを読む…
スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

京都妖怪探訪(92):大阪編:大阪天満宮・その1




 もう2月も後半になりました。
 今年もそろそろ、梅の季節がやってきます。
 梅と言えば……天満宮!
 つまり、菅原道真を祀った神社です。
 梅は菅原道真が愛したという花。
 菅大臣社の「飛梅」伝説などの例もあるように、牛(の像)と共に、天満宮と菅原道真を象徴する存在です。
 そこで本シリーズでは、この時期に「菅原道真と梅」をテーマにした特集でも組もうか、などと考えました。


 そこで今回は、京都から少し飛び出して、大阪にある「大阪天満宮」に行って来ました。
 『京都妖怪探訪』というシリーズ名なのに大阪とは何か? ……などという突っ込みは勘弁してください(笑)。
 今回は「特別編」「洛外出張版」ということにでもしてください(笑)。

 実は、わざわざ大阪天満宮まで出かけたのには理由があります。
 現在(平成23年2月8日~2月28日まで)、大阪天満宮にて「てんま天神梅まつり」というイベントが開催されているからです。
 「菅原道真と梅」というテーマをとりあげるには、絶好の機会です。
 迷わず行くことにしました。

 また、本シリーズでわざわざとりあげたのにも理由があります。
 この大阪天満宮の創建には、以下のような不思議な伝説があるのです。

 菅原道真は、藤原氏の陰謀によって太宰府に左遷させられる際に、摂津中島の大将軍社に参拝しました。
 その2年後の903(延喜3)年、道真は59歳で亡くなりました。
 そのさらに約50年後の、949(天暦3)年のある夜、大将軍社の前に突然七本の松が生え、夜毎に金色の霊光を放ったと伝えられています。
 この不思議な出来事を聞いた村上天皇は、これを菅公(道真)に縁のあることだと考え、この地に道真を祀るように命じました。
 それがこの天満宮のはじまりで、現在では大将軍社は境内に摂社として祀られています。

 このような不思議な由緒が伝わっている大阪天満宮も、本シリーズでとりあげるにふさわしいと考えました。
京都妖怪探訪(91):長岡天満宮・その2




 前回の続きで、京都の長岡市にある長岡天満宮をとりあげます。
 今回は、本殿前に上がったところから。
続きを読む…

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

京都妖怪探訪(90):長岡天満宮・その1





 今回は、京都は京都でも、長岡市にある長岡天満宮をとりあげます。
 「天満宮」というの名の示すとおりここは、怨霊神・菅原道真を祀った神社のひとつです。
 長岡天満宮は、今月15日まで行われていました『平成23年・京都十六社朱印めぐり』のうちのひとつとして訪れたので、その時の記事を。


 長岡の地は、生前の菅原道真が在原業平らと共に詩歌などを楽しんで遊んだ地でありました。
 在原業平といえば、平安時代の有名なスケベエというかプレイボーイ……いや、失敬。平安時代の有名な貴族・歌人の一人で、『伊勢物語』の主人公とも考えられる人物でもあります。
 道真と業平が同時代で、しかも親交もあったとは初めて知りました。
 道真が藤原氏の陰謀によって太宰府へ左遷させられた時、この地に立ち寄り、楽しかった頃を懐かしんで、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだと伝えられています。
 その縁故あって、道真の像が祀られたことがこの神社の起こりだとされています。
 梅やキリシマツツジなどの多くの花が植えられており、花の名所としても知られています。
続きを読む…

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

今も菅政権や、彼らに国民への裏切りへと走らせた司法やマスコミに対する怒りがおさまらない @ 02/16のツイートまとめ
komichi2

さて、今夜はここまで。皆様、また。おやすみです。
02-16 22:42

@jh8bss こんばんわ。
02-16 22:10

なるほど! 彼らをマスコミが持ち上げた、ろくな批判をしなかった理由がよくわかりました。 QT @imaam 渡辺の経営とは弱者切捨て(8割以上非正規)にパワハラ(強制断髪)に洗脳(思想教育)に隠蔽(ノロウィルス食中毒)。つまり石原朕太郎とそのまんまと一緒で弱いものいじめの権化
02-16 22:04

そんなセコいことをするくらいなら、ダメな指導部を辞めさせたらいいのに。それが無理なら、離党を勧める。 QT @kamitori RT @hanayuu: 〔統一地方選〕民主党(泥舟)候補の「偽装無所属(看板隠し)」が続出 | http://bit.ly/hTMOmx
02-16 21:53

自らの主張や立場を相対化できず「自分だけが絶対正しい」という考えに凝り固まっている人は皆、ああなるのでしょう。私も学生左翼運動に関わっていた経験があるからわかります。 QT @bronks4215 亀井氏が「連合赤軍みたいだ」と・・・RT @komichi2 「民主党の共産党化」
02-16 21:40

その方が正確ですね。訂正。 QT @henrryd6 無能ではありません。憲法を無視してでも手前たちの強欲を満たすことには貪欲だからです。 QT @komichi2 「自己責任」なんて、国民を食わせられなくなった無能エリートが、大衆や弱者に責任転嫁するための言葉
02-16 21:35

「民主党の共産党化」と言う人が居るが、①党中央の決定は絶対、②党中央にタテついたりしたら排除され潰される、③党中央が(選挙大敗による党勢激減など)重大な失敗や間違いを犯してもその責任がロクに追及されない、等といったダメなとこばかり「共産党化」しているじゃないか……。
02-16 21:33

「自己責任」なんて、国民を食わせられなくなった無能エリートが、大衆や弱者に責任転嫁するための言葉だと、私は思うのですがね。 QT @henrryd6 もう既に泣かされている人が多いのですが「自己責任」なんて言葉に騙されて「自分が悪い」なんて思っているのですから大人しい羊さんです。
02-16 21:22

一人で複数のHN、アカウント、IP・リモホを持ち、多数を装っている場合もありえますね。私はその種の屑どもとその手口を何度も見てきました。 QT @kinman01 @moriyukogiin 森ゆうこ議員を中傷・誹謗するtwiterが応援する人と同じ程、増加して来ています。
02-16 21:19

「あなたも金持ちの味方でしかないマスコミの言うことを信じていると、そのうちに何もかも搾り取られて、泣かされることになりますよ」 QT @yurikalin 説明してあげても、「ソレが本当なら何でマスコミは報じないのか?」とくる。 RT @henrryd6:
02-16 21:11

京都妖怪探訪(89):岡崎神社



 今回はスサノオ神を祀った神社のひとつ、岡崎神社をとりあげます。
 京都には、スサノオ神を祀った神社は、八坂神社、粟田神社など数多くありますが、今回の岡崎神社はその中でもちょっと変わっています。
 というのも、ここはウサギを神の使いとして祀ってある神社。つまり、ウサギの神社なのです。

 ちょうど、今年の干支はウサギです。
 それもあってか、今年に入ってからは初詣などで賑わったそうです。

 正月からは随分と日が経ってしまいましたが、遅まきながら私も、このウサギ神社にお参りして来ました。

 この神社の歴史は古く、平安京遷都と同年の794(延暦13)年です。
 遷都の際、王城を守護するために平安京の四方に建立された社のひとつで、東にあったので「東天王・岡崎神社」と称されたそうです。
 現在でも「方除け」「厄除け」の神様として信仰されており、建築時の地鎮祭などを盛んに行っているそうです。
 また、かつて背後の紫雲山を始め、この辺り一帯がウサギの生息地であった事もあって、ウサギは神の使いと考えられました。
 また、1178(治承2)年 に中宮の安産祈願が行われたことと、またウサギが多産で子授け・安産祈願の神様としても崇められています。
続きを読む…

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

最低の権力亡者にして、最低の差別主義者・石原慎太郎を未だにのさばらせているのな何だろう? @ 02/13のツイートまとめ
komichi2

では、私もそろそろ寝ます。明日も早いので。政治の話題ばっかりだと人間的にも偏りそうなので(笑)、数日くらいはそこから離れてみようか、とも思います。それでは、また!
02-13 23:21

菅・岡田らがアメリカの手先となったからですね。小沢排除だけでなく、彼らが今やっていることの多くがアメリカからの指令。 QT @na700000 石川議員の裁判が始まり、この流れが今後の小沢氏の裁判にも影響がある。なぜ菅民主党は小沢氏の処分を急ぐのか、おそらく、無罪判決が出る前に。
02-13 23:13

これが事実ならば、東大生のレベルもこんなもんだということでしょう(笑)。偏差値秀才には、世間知らずも少なくない。 QT @syetoh 石原慎太郎:2006年(平成18年)5月27日、東大生が選ぶ平成日本の教養人ランキングにて5位であった←ウィキにあったが、ホントかよww
02-13 23:10

同感! QT @kenbor (浅野都議)「日本は日本のやり方でやる。なぜなら日本が一番犯罪が少ない国だから。(外国は)実現してから言いに来い」 これはいい言葉だった。  http://nico.ms/lv40026299#2:04:31 #tojyourei
02-13 23:07

マスコミの誘導にのせられた政治家は、民意に背いき始め、最後には破滅・没落。政治家や有権者にとって、マスコミの誘導は「悪魔の囁き」みたいなものか? QT @tokunagamichio 菅も岡田もメディアの筋立て報道に踊らされる、メディアの肴。RT @kyonokimiko
02-13 22:59

この二人を支えたマスコミも日本を潰す共犯者ですね。 RT @micamika: この2人が日本をツブす。 RT @yurikalin: 前原&菅じゃ、まとまるもんもまとまらない RT @HEAT2009:「北方領土 解決の道はあるのか」 http://ow.ly/3VskV
02-13 22:51

ナベツネさんを「労害王」「老害大王」「老害大帝」とか呼びたいですね、私は(笑) QT @tsutun ナベツネは「老害次郎」?RT @jh8bss: 賛成”!RT @komichi2 石原都知事を「老害太郎」と呼んでは? QT @aminah2500 ムバラク並みのお歳。老害。
02-13 22:46

八ツ場ダム問題に高速道路無料化問題、尖閣の中国人船長問題。そしてあの永田メール騒動。これまでを振り返ってみれば、問題を解決するどころか、中途半端なままに逃げ出して、よりややこしくてしまった無能+無責任の徒・前原誠司。こいつが出てきた時点で、北方領土問題も解決が遠のいたのは明白。
02-13 22:41

枝野らみたいなのは、いっそもう出ない方がマシでは? QT @tosa_suigei 小沢氏を登場させたテレビ局に不満を漏らす官邸幹部の発言。「こっちに相談もなく小沢を出すとはけしからん。枝野長官は怒っているぞ。もう民主党幹部があの番組に出なくていいのか。」(週刊ボスト2.18)
02-13 22:35

石原都知事を「老害太郎」と呼んでは? QT @aminah2500 ムバラク並みのお歳。老害。RT @tsutun: 【徴兵制、奉仕労働で若者を叩き直せ-我欲の時代だからこそ軍隊経験で修練を/石原慎太郎】明日発売の週刊ポストの見出しの一部です。http://p.tl/S4Ds
02-13 22:31

京都妖怪探訪(88):瓜生石と松風天満宮




 今回は、これぞ「妖怪スポット」というか、不思議な伝説の遺る、不思議なスポットを紹介したいと思います。
 
 道路の、それも交差点、横断歩道のど真ん中に、ぽっと存在するという謎の石。
 「知恩院の七不思議」のひとつのも数えられているという「瓜生石」です。

 「瓜生石」は、「うりゅうせき」とか「かしょうせき」とか読むそうです。
 「知恩院の七不思議」のひとつに数えられているそうですが、知恩院が法然上人によって開山されるよりはるか前からこの場所にあったそうです。
 860(貞観2年)6月14日の深夜(天正年間という説もあるそうですが)、この石の上に胡瓜が芽生え、一夜のうちに成長して、花が咲き、実がなったと言われています。
 そこに祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の守護神・牛頭天王(ごずてんのう)が降り、瓜の表面に「牛頭天王」の文字が現れたといいます。
 そしてこの地に、牛頭天王を日本のスサノオ神と習合して祀る社・祇園感神院(ぎおんかんじんいん)が創建されました。それが後の八坂神社です。
 また同じ貞観年間の876年に、勅使を務めた藤原興世が神託を受けて、祇園感神院新宮が創建されました。それが後の粟田神社です(シリーズ第81回から第83回までを参照)。

 この瓜生石は、全体のうち一部が地表に出ているだけですが、地底まで続いているとか、石の下に二条城や八坂神社などへ通じる抜け道や龍穴があるなど、様々な不思議な言い伝えがあります。

 そんな不思議な石と。
 もうひとつ今回は、その石までの途上で見つけた、天神を祀った神社と「日本一怖い」と言われている狛犬も紹介します。

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。