嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

アンケート「生活実感とアベノミクス」

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

ツイッター・ログです!

こちらは、私がフォローしている方々のつぶやきをも表示したTLです。

主権者国民連合

衆院選に行こう!バナー 要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー 「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー 都合悪けりゃ期日前投票」バナー 「棄権で希望も捨てますか」版バナー 「君たちの未来を決めるのも君たちの1票」バナー クリックで「百万本の薔薇」。心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

ふるさとを守る脱米救国バナー 猫ちゃんの「自民を終了は、見上げてご覧希望の星をニャんだもん」(笑)バナー 小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 「民主党に喝アアアッ喝」バナー 植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー なんじゃそりゃバナー(青色ロゴ)

国民の生活が第一

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

 自民売国政治の手先、ネット工作員どもも許さん!

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「棄権」は自らを貶める敗者の選択
 さて、いよいよ明日(8月30日)は、衆議院選挙だ。
 ここまで来たら、もうあまり言わないでもいいでしょうが。

 最後にひとつだけ。

 いかなる理由があっても、「棄権」などという選択は、自らを「二等市民」に貶める負け犬の選択であり、近代国家の国民として、人間として恥ずべき行為である!



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。




2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 さて、いよいよ。
 明日は待ちに待った衆議院選挙です。
 あのあの悪夢のような日から、およそ4年。
 この日をどんなに心待ちにしたことか。
 私は既に、投票を終えてきたのですけどね。

 今回は前回記事に投稿してくださった読者さんのコメントから紹介します。


投稿日時:2009-08-29

投稿者名:とりごん

本文:
☆☆☆☆☆☆☆☆☆重要☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※8月30日投票所が17時で終了するところが全体の3割ほどあります。お近くの投票所の閉所時間を確認しましょう。

行けない人は期日前投票を必ずしましょう。投票権を持つ人は全員参加です。

前代未聞の大切な選挙です。この四年間暮らしぶりが悪くなった人が多いでしょう。

また自民を勝たせたらさらに思い上がってひどいことになります。


Q 入れる候補がいない、入れたい政党がない。

A 間違いです。入れる候補がいなくとも、入れたい政党が無くとも実際の政治は彼らが司っています。ですから現状に不満があれば与党を懲らしめるために野党第一党に票を集中させて政権を変えるのが当然です。
誰が当選しても与党と野党により政治は行われていきます。投票しなければ現状に不平不満を言う資格は全くありません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆重要☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 

 まさにその通り!

 先日の記事と同じようなことを繰り返しますが、もう一度言います。

 いかなる理由があろうとも、「棄権」などという選択は、自らを「二等市民」に貶める負け犬の選択であり、(建前だけにすぎないとしても)近代国家の国民として恥ずべき行為である。
 意思決定の権利と機会とを自ら放棄した者には、これから先いかなる理不尽な目に合わされようとも、現状に異議申し立てをする資格もない。


 以前の記事でも言いましたが、私は「自己責任論」というものが大嫌いです。
 しかしもし、「自己責任論」が当てはまるものがあるとすれば、それは「自ら意思決定参加の権利を放棄したことによる“自己責任”」ではないか、と私は思います。

 さて、今夜はこれくらいにして、明日の結果を待つとしましょう。
 
 こちらとしては、やれるだけのことはやってきたつもりなので。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさん作成です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

ネットの各所で異変が発生している? 選挙も近いことだし、まさかとは思うが……。
 最近、ネットの各所でいくつも異変が見られます。
 しかも、自公政権に批判的なネットユーザーさんの周辺で。
 選挙も近い時期だけに、まさかと思いますが……。

(komichi)



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。



2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 
 まず最初に。
 冒頭の動画は、前回記事でも問題にした、麻生首相の問題発言について。
 何故、どこが問題なのかは、前回記事をご覧ください。


 それと。
 コメントを寄せてくださる方、返事の方はちょっと待ってくださいね。
 超多忙なスケジュールの中、何とか記事だけは仕上げようと必死なので。


 さて、今回の本題。

 選挙が近いためでしょうか?
 このところ、ネットの各所で異変が起こっています。
もはやどうしょうもない麻生自民党の鈍感・傲慢・選民意識
 先日、麻生首相が「金がないのに結婚はしない方がいい」と言ったそうです。
 この前は「(高齢者は)働くしか能がない」という差別的発言をしたばかり。

 その根本には、「麻生自民党の国民大衆に対する鈍感さ、傲慢さ、選民意識」があるようです。


(komichi)



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

●麻生首相、「金がないのに結婚はしない方がいい」


2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 仕事帰りに期日前投票に行ってきました。
 30日に用事があるからというのもあるのですが、私の場合あと一週間も待ちきれなかったのです。
 あの悪夢のような小泉「郵政」選挙から、もう4年近く。
 あの時に予測したように、その後の日本は「一億総貧困化・負け組化」路線が加速度的に進められ、日本国民の財産、権利そして尊厳が一部の勝ち組・エリートとアメリカに売り渡され続けるという、悪夢のような年月を過ごすことに。
 あれから、どんなにかこの日を待ったことか。
 もう、この一票を行使したくて、うずうずしていたのです。
 ベストの、100%完全な選択はないとしても、ここまで来たら、もう迷うことはありませんでした。
 それに、「棄権」などという選択は、自らを「二等市民」に貶める負け犬の選択であり、(建前だけにすぎないとしても)近代国家の国民として恥ずべき行為であると、私は思っています。

 まあ、とにかく「有権者としての義務」は果たしてきました。
 とりあえず、ほっとしましたので、今度はまた「政治・経済」や「荒らし対策」以外の記事を書こうか。また「京都妖怪紀行」のシリーズでも再開しようか……などと当初は思っていましたが。
 ここに来て、またもや麻生首相がネタを提供してくださいました(苦笑)。
 しかも、貧乏暇なしサラリーマンで、なおかつ「甲斐性なし万年モテない男」の私にとっては見過ごすことの出来ない一件ですので、とりあげさせてもらいます。

 今月23日に行われた学生のイベントで、あの麻生首相が「金がないのに結婚はしない方がいい」などと言い放ったそうです。
 以前から問題発言の多い人でしたが、選挙日直前のこの時期に、またもややってくれました。
 
 まずは、以下の記事をご覧ください。
ネット工作員の皆様、必死の活動ご苦労様です。そして、覚悟を決めてください。
 また「ネット工作員」が必死の活動をしているようです。
 しかし。
 おそらくそれは、彼らの最後のあがきかもしれません。
 政権交代が起こり、彼らの悪事が暴かれ、終わりを迎えるかもしれません。

 歴史の転換点とともに、彼らの末路を見届けてやりたいと思います。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで 「宙船 ツアーバージョン」 クリックで 「宙船 ツアーバージョン」

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさん作成です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 最近、ネット工作員の嫌がらせと思われるアホなアダルトのスパムが増えてきたことは、最近の記事(この記事この記事)で言ったとおりです。
 そしてそれとは別に……やはり政権交代を阻止したがっているようなネット工作員やそのシンパの皆さんによるものと思われるブログが活動を活発化させているようです。
 そして、やれ「民主党は反日」だの、やれ「民主党が政権をとると日本が滅ぶ」だの、特に(次の選挙で自民党に勝って政権与党になるだろうと見られている)民主党への攻撃をさかんに行っているようです。
 自EndTBP(「自民党」にも、「自民党政治」にも)にも、やたらと民主党への偏見や不信感を煽るような記事をいくつも送り続けている工作ブログもあるようです。ここでは、具体的にどことは言いませんが(笑)。

 おそらく自分のご主人様やスポンサー(自公政権やそれとつるんでいるカルト集団など)が、今度の衆議院選挙でピンチに瀕しているから、必死なんでしょうかねえ?
 あるいは、自公政権が倒れたら自分たちがネットの中の少数派になってしまうのが怖いのでしょうか?
 まあ、元々彼らのような人たちは、実はネットの中でも大した勢力ではなかったのですが、「アクセスやランキングなど数値をごまかす」「一人や少人数で多数の人格を装う」などの巧妙かつセコい手口によって、多数派であるかのように見せかけていただけなのですが。つまりは、“見掛け倒しの張子の虎”でしかなかったことも、今では多くのネットユーザーに知られているのですが、それがよりはっきりした形で明かされるのを恐れているのでしょうか?
もしあなたが「訴えてやる」とか言われたら?
 個人の言論(批判や告発)を、金や権力を持った強者が「訴訟」をちらつかせて脅し、潰そうとする事例が、既存メディアでもネットメディアでも発生しています。
 こうした「金や権力もない一般人の言論とその権利を、いかにして守るか?」という問題についても、考えるべきかもしれません。


(komichi)



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさん作成です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 さて、しばらく「政治・経済」や「社会」などの話題から離れていましたが、今回はちょっとそっちの方に戻ります。
 旧館及び写真画像がいきなり表示されなくなる事件が起こったりなど、どうも「天の声」は私に対して「政治、社会の話もしろよ」と言っているようですので(苦笑)。

 ただそれでも、こちらの思い通りにやらせてもらうつもりですがね。

 なお、「政治・経済の話は嫌いだ」という方や「それ以外の話を期待してきたのに」という方は(もしおられたら)、旧館の方でどうぞ。
 こちらへの移転後以来、旧館では「政治・経済」以外の話をしておりますので。

 
 さて、ここから本題に入ります。

 ジャーナリストの斎藤貴男氏をご存知でしょうか?
 弊サイトの読者の皆さんならご存知の方も多いかもしれませんが、元は日本工業新聞や週刊文春の記者ですが、現在はフリー。『機会不平等』、『安心のファシズム』や、『非国民のすすめ』などの著書で、一億総貧困化・負け組化(いわゆる「格差社会化」)や、次第に全体主義化していく日本の国家・社会のあり方に対して警鐘を鳴らし続けてきた人として有名です。

 御手洗富士夫という人物をご存知でしょうか?
 やはり、弊サイトの読者の皆さんならご存知の方も多いかもしれませんが、キャノンの会長にして、日本経団連の会長。前経済財政諮問会議議員。
 財界のみならず、政界にも多大な影響力を持つ人物の一人。
 そして、現在の一億総貧困化・負け組化を強く推進した人物の一人として、悪名高い人物でもあります。
 政治にも積極的に提言(介入?)し、「消費税を上げて、法人税を下げろ」とか、自社キャノンでの偽装請負(明らかな違法行為!)がばれた時などに「派遣法を変えろ」などと言ったり、企業・財界の利益のみを露骨に押し出した、あまりにも利己的で亡国的な言動の数々は、多くの批判を浴びています(例えば、この記事とか、この記事とか)。
 私のような「市場原理主義」、「一億総貧困化・負け組化」に反対する者が、最も批判する人物の一人でもあります。
 
 皆さん方は、ご存知でしょうか?
 現在、斉藤貴男氏が出版社とともに、御手洗富士夫から訴えられているという事実を!


 正直言いますとこの私も、つい先日までは知りませんでした。恥ずかしながら。
京都妖怪紀行(6):白峯神宮編
 弊サイトの写真画像も元通りに復旧しましたので、「京都妖怪紀行」シリーズを再開したいと思います。

古都・京都のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐる「京都妖怪紀行」。
 第6回目は、前回記事でも少し取り上げました、“日本の大魔縁(大魔王)”崇徳上皇(すとくじょうこう)ゆかりの神社、白峯神宮(しらみねじんぐう)です。





 京都市の堀川今出川付近にある白峯神宮の門前。
 多くの人や車が行き交う大通りに面した場所です。


 まず最初に、前回記事でも取り上げました崇徳上皇について、そして「何故、崇徳上皇が“日本の大魔王”とも呼ばれる怨霊になってしまったのかを、簡単に説明したいと思います。
続きを読む…

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

読者の皆様にお知らせ(2009年8月17日)
 突然ですが、読者の皆様にお知らせがあります。
 弊サイトの写真画像が突然表示されなくなりました。
 現在、進行中のシリーズ「京都妖怪紀行」の画像も表示されなくなっています。
 できるだけ早急に復旧できるように努力いたしますので、読者の皆様にはしばらくお待ちいただきたいと思います。


 原因としては、旧館の不具合が考えられます。
 何故なら、ここの写真画像は全て、旧館の方から引っ張ってきています。
 旧館が駄目になれば、ここの画像も消えてしまいます。

 8月17日午前5時現在、旧館の方にアクセスしますと、どういうわけか表示されなくなっています。
 「I.E」でも「Fire Fox」の両方で試してみましたが、何故か表示されません。
 さらに、管理画面にもアクセスできなくなっています。

 おそらくは、一時的な不具合であると思います。
 というか、ここ最近では旧館の方に書いたのは、「京都妖怪紀行」シリーズだけです。
 そのような記事が「サイト凍結」等の処分を受けるとは思えないのですが……?
 旧館のISPに問い合わせて、事実確認をいたします。
 それで駄目か、時間がかかるようならば、この新館だけで何とか対応しようと思いますので、読者の皆様には、しばらくお待ちいただきたいと思います。


 あっ、それとも……。
 写真画像が使えないのなら、「京都妖怪紀行」シリーズが書けないし……。
 その間だけ、政治・社会や荒らし対策の記事でも書いていようかな(笑)。

 
 それと、ひとつ面白いことがわかりました。
 最近、おかしなスパムと思われるTBがいくつも来ています。
 が、面白いことにこの記事ばかりに集中しています。
 どういう人たちがやっているのか、バレバレです(苦笑)。

 晒されても大丈夫なようにと、プロクシをさしてきているようですが、そういうのを「浅知恵」というのですよ。


【追記】17日18時の時点で:

 旧館及び、写真画像が復旧していました。
 旧館ISP管理者様には、この場にてお礼を申し仕上げます。
 そして、読者の皆様には、ご心配をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。  クリックで「それが大事」。マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

このバナーは、『雑談日記』のSOBAさん作成です。

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
京都妖怪紀行(5):安井金比羅宮編
古都・京都のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐる「京都妖怪紀行」。
 第5回目は、京都の妖怪スポットの中でも、人々の様々な想いが渦巻く場所のひとつです。
 そこは、安井金比羅宮です。

 安井金比羅宮とは、「大化の改新」で有名な天智天皇の時代、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)が一堂を創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、一族の繁栄を祈ったことに始まります。
 祭神は、大物主神(おおものぬしのかみ)と、鵺(ぬえ)退治伝説で有名な源頼政、そして崇徳上皇(すとくじょうこう)です。

 崇徳上皇とは、歴史上では1156年の保元の乱で敗れ、讃岐国へと流刑にされた人物として有名です。
 小倉百人一首の「瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ」の歌の作者としても有名です。
 そして……死後に「日本国の大魔縁(大魔王)」となって、飢饉や天災、政変などの凶事を起こしたといわれています。
 平将門や菅原道真などに匹敵する歴史的に有名な大怨霊として、その道では有名です。
 この崇徳上皇については、後のシリーズ記事でもとりあげたいと思います。

 ここでは、崇徳上皇に関する次のエピソードを紹介します。

 崇徳上皇は特にこの藤を好み、ここに堂塔を建て、寵妃・烏丸殿(からすまどの)を住まわせたといいます。
 崇徳上皇が保元の乱に敗れ、讃岐で亡くなった時に、烏丸殿は寺中の観音堂に、上皇から賜った自筆の肖像を祀りました。
 のちに後白河法王(ごしらかわほうおう)の詔によって、建治年間(1275~77)に光明院観勝寺が建立されたのが、この神社の起こりといわれています。
 そういったエピソードもあって、ここは縁切り縁結びの神社としても有名です。

 この場所に、私も行ってきました。
続きを読む…

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

京都妖怪紀行(4):鉄輪の井編
古都・京都のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐる「京都妖怪紀行」。
 第4回目は、本当に恐ろしくも哀しいいわくつきのある場所……鉄輪の井です。

 鉄輪は、「かなわ」と読むそうです。
 輪(かなわ)とは、火鉢の中に置いた五徳のことで、鉄の輪に三本の足を付けたものです。本来はヤカンなどを乗せて湯を湧かす為のものです。
 が、本来のものとは別の使われ方もされたそうです。
 この鉄輪を逆さまにしてその足にロウソクを結びつけ、火をつけたそれを頭に乗せ、白装束、髪を振り乱し、白化粧、濃い口紅、口には櫛をくわえ、胸には鏡を提げ……と、ここまで言えばおわかりでしょうか?
 そう。いわゆる「丑の刻参り」という呪いの儀式に使用されるのです。神社などの木に藁人形を五寸釘で打ち付けて、憎い相手を呪い殺そうとする、あれですね。


 この「鉄輪の井」には、次のような言い伝えがあります。

 昔、ある女が、自分を捨てて他の女の元へ去ってしまった夫を呪い殺そうとして、毎晩貴船神社まで丑の刻参りをしたそうです。
 しかし、満願成就までもう少しというところで、自宅近くの井戸のほとりで力尽きて、そのまま息絶えてしまいました(あるいは、目的を果たせずに井戸に身投げした、とする話もあるようです)。
 付近の人々は、その女を不憫に思って、鉄輪でもって塚を築きました。
 この話から、「この井戸の水を飲むと、縁切りができる」という噂が広まりました。
 後の寛文八年(1669)に、「縁切りはよくない」というので、稲荷大明神を祀って、縁結びの神様としました。それが「命婦稲荷神社(みょうぶいなりじんじゃ)」です。


 さて、このような伝説の残る場所を目指しました。
京都妖怪紀行(3):“妖怪ストリート”大将軍商店街編
 前々回前回に引き続き、古都・京都のいわくつきの妖怪・魔界スポットをめぐる「京都妖怪紀行」。
 第3回目は、“妖怪ストリート”大将軍商店街です。

 昔、百鬼夜行と言われる妖怪の群れが、夜更けに更新して練り歩いたというのが一条通。現在の大将軍商店街です。
 現在ここは、町おこしとして、“妖怪ストリート”として売り出しているそうです。
 年に一回、人々が百鬼夜行に扮して町を練り歩くイベントなど、様々な妖怪関連のイベントやサークルなどがあるそうです。
 以下が、妖怪ストリートの公式ホームページです。


妖怪ストリート
http://www.kyotohyakki.com/


 どんなところか、一度私も行ってみることに。

 一見すると、普段の商店街です。
 しかし、各店舗の店先を見ると……。

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。