嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

マスゴミ騒いで虎を為す?
 「三人言いて虎をなす」
 この言葉通り、どんな嘘や言いがかりでも、多数の人間が大音量で宣伝し続ければ、真実らしく思えてくるというものです。
 自民党とグルになった検察やマスゴミなどが、政権交代を阻止するために仕掛けてきたのも、こんな手口だったようです。

 我々は、このことをよく覚え、理解しなければならないでしょう。
 このような『物量作戦』に負けてはならないでしょう。


(komichi)



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー クリックすると拡大し検察ファッショ糾弾バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 中国の有名な古典のひとつ『韓非子』(内儲説・上)に、こんな話があります。


 昔、古代中国の魏の国の太子が趙の都・邯鄲に人質として出される時のこと。
 その時に太子と同行することになった重臣の一人が、魏王と次のようなやりとりをした。

重臣「誰か一人が『街中に虎が出た』と言ったら、陛下は信じられますか?」
魏王「そんなことがあるわけないだろう。信じるものか」
重臣「二人の者がそう言ったら、信じますか?」
魏王「信じれらない」
重臣「三人の者が口を揃えて同じことを言ったとしたら?」
魏王「それならば信じてしまうかもしれない」

 重臣はこう続けた。

「街中に虎が出ることなどありえません。それなのに陛下は、三人が同じことを言ったら信じてしまうかもしれない、と仰る。私がこれから行く邯鄲は遠く離れたところです。そんなところへ行ってしまう私のことを、留守中に悪く言う者は、三人どころではないでしょう。どうか、このことをお忘れにならないでください」

 重臣はそう言って念を押した。
 にもかかわらず、その重臣が魏に戻ってきた時には、魏王は讒言に惑わされていたため、その重臣は二度と魏王にお目通りを許されなかったという。

 この話から、「三人言いて虎をなす」という言葉が生まれたそうです。
 複数の人から、繰り返し何度も聞かされていると、いつの間にか、どんな嘘でも真実に思えてくる、という話です。


 さて、何故私が、冒頭からこんな話をしたのか。
 弊サイト読者の皆さん、友好サイトの皆さんや、自エンドTBに参加されている皆さんの中には、お気づきの方もおられるでしょう。

 そう。
 つい最近も、「三人言いて虎をなす」と同じような、日本中を騒がした事件・騒動が起こったのです。
 それによって、一人の政治家の政治生命が危機に追い込まれ、それまで盛り上がっていた政権交代のムードが壊されかけた事件が。
続きを読む…
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済


copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.