嗚呼、負け犬の遠吠え日記
ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は、怪しい政経オタク。そんなkomichi(子路)の言いたい放題を綴ったブログです。荒らしなど、ネットの悪質行為の問題にも取り組んでいます。

QRコード

QR

プロフィール

小路

Author:小路

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

すみません、しばらく死んでます……。
 読者の皆さん、どうも。
 いきなり2週間ほども更新をサボり、しかもまともにコメントレスすらしてませんので、「どうしたのか?」と思われた人もおられるかもしれませんね。
 実をいいますと、しばらく死んでました……。
 もちろん、本当に(生物学的に)死んだのではなく、私のネット活動がしばらく死んだような状態になっていた、そうならざるをえない状況にあった、という意味ですが。



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー  小泉の、自民党をぶっ壊す、47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民、小選挙区制インチキ選挙、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題。で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 どうも。
 本来ならば、前回記事の続きの他、いろんな記事を書いているところです。
 しかしながら最近は、まともに記事も更新できていません。
 それどころか、せっかくいくつものコメントやTBをいただいているにもかかわらず、レスを返すこともできていません。申し訳なく思っておりますが。

 何故、ネット活動をしばらく停滞させてしまったかといいますと、オフの多忙があるからです。
 これまでもオフの多忙で何度か、半月から一ヶ月ほど更新のスピードが落ちたことがありましたが、今回もそうなのです。
 残念ながら、この状態はもうしばらく続くことになりそうです。
続きを読む…
スポンサーサイト
市場原理主義、一億総負け組化が進むほど日本は外国に頭が上がらなくなる!?:その3
副題:市場原理主義を批判しない自称愛国者の中国叩きの虚しさ・無意味さよ(1)


 胡錦濤・中国国家主席の来日もあって、いわゆる「右派」「保守派」と呼ばれる人たちの中国叩きが活発化しているようです。
 チベット弾圧など中国政府の覇権主義的な姿勢や、毒餃子事件とその後の不誠実な対応などに見られるような「自己中」ともいえるような姿勢などは、確かに批判されるべきです。

 しかしながら……。
 特に「右派」「保守派」と見られた人たちの中国叩きを見ていると、一抹の虚しさというか、無力感・脱力感を私は禁じえないのです。
 
「そんな批判の仕方で、中国(というより、中国を牛耳っている北京の独裁者たち)や、それを支えている者たちに届くだろうか? 彼らに少しでも打撃を与えることができるのだろうか?
 いや、それどころか逆に、彼らを利するだけの結果しか残さないのではないか?」

 そんな疑念・疑問を抱いてしまうのです。


 特に、「右派」「保守派」などと見られている人たちの中に、「市場原理主義(=新自由主義)」やそれによって生み出される貧困に対する批判をなしに……それらを擁護・肯定したまま、中国叩きをしている人たちもいるようです。
 しかし……本人たちは気付いているかどうかはわかりませんが、そのような中国叩きは、北京の独裁者たちに対しては、全く無意味です。
 いや、それでは彼らの横暴に歯止めをかけることどころか、逆に彼らにさらなる力を与え、さらなる増長と横暴を許してしまうだけではないでしょうか。
 そして、彼らの日本に対する影響力・支配力をも強めてしまうだけではないか。

 そのように私は懸念を感じます。

 それは何故か?
 本シリーズの第1回第2回でも主張しましたように、「市場原理主義(=新自由主義)」と、それによる貧困(=「一億総負け組化」、いわゆる「格差社会化」)が進むほど、日本の経済構造が外部への依存度・従属度を強めてしまうからです。
 そして実際に、そのようになりつつあるようです。

 これには深刻な懸念を感じると共に、日本の経済的自立(自律)性を重視する立場からも、「市場原理主義(=新自由主義)」と、それによる貧困(=「一億総負け組化」、いわゆる「格差社会化」)に対する批判は必要不可欠であると考えます。
 今回から何回かにわたって、そのことを主張していきます。

 今回はまず、現在の中国(の体制)に対する私の立場や考え方、及び問題意識について大まかなところから述べようと思います。

(komichi)



↑:応援してくださる方は、ランキングにご協力をお願いします。

ふるさとを守る脱米救国バナー ふるさとを守る脱米救国バナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 胡錦濤・中国国家主席が来日し、さらに今年夏に北京五輪を控えていることもあって、いわゆる「右派」「保守派」と呼ばれる人たちの中国叩きが活発化しているようです。

 非常に深刻な中国国内の環境破壊と、懸念されるその悪影響。
 過激な愛国主義と、それによる異常ともいえる排外主義運動。
 チベットにおける武力弾圧事件と、その背景にある中央政府による理不尽なチベット支配。
 天洋食品の毒餃子事件と、その後の中国側による(まるで日本側に責任を転嫁するかのような)不誠実な対応。
 毒餃子事件だけではない、農薬漬け食物など、中国製製品の品質や安全性に疑問を持たざるをえないような事件の続発。
 などなど……。
 特に近年、中国及び中国政府に対して、疑問や反発を持たざるをえなくなるような出来事が頻発しています。
 そのため、いわゆる「右派」「保守派」の人たちだけではなく、「非右派」「非保守派」の人たちの中にも、中国及び中国政府に対して、批判的な言説を唱える人たちが出てくるようになりました。

 それもやむをえないことでしょう……というか、当然のことでしょう。
 この私……昔は「親中派」「中国マンセー」な時期もあったこの私でさえも、特にここ最近の中国・中国政府のあまりに自己チューかつ覇権主義的なやり方に対しては、疑問や懸念を抱かざるをえません。
 中国・中国に対しては、あまりに強烈な排外主義までは主張する気にはなれません。
 しかし、無批判に迎合したり、あちらの要求や言い分を100%そのまま受け入れるのは、いろいろな意味で危険である。少なくとも、今よりはもっと距離をとった方がいいのではないか。そのように考えるに至りました。

 ですから、今行われている中国批判のほとんどは、当然のこと、あるいはやむをえないことではないか、と考えています。あまりに極端な反中、排外主義の立場をとるつもりもないのですが。


 しかしながら……。

 これら一連の中国批判を見ていると、時々ふと、一種のむなさしさにとらわれてしまうことがあるのです。 
 特に「右派」「保守派」と見られた人たちの中国叩きを見ていると、一抹の虚しさというか、無力感・脱力感を、私は禁じえないのです。
晒すと言ったはずだが(苦笑)
副題:他人のブログで人の悪口を吹聴する悪質な輩にもご注意を。
 

 どうも。
 連休中はなかなか更新できませんでしたが、更新を再開する前に、連休期間中にアダルト宣伝のコメント・TBを弊サイトに送りつけてきたバカ者を晒します。

 前回だけでなく、これまでに何度も、そういったものを晒すと言ってたはずですが(苦笑)。

 というわけで、とりあえず晒しますね。
 そろそろまともな記事も書きたいところですがね。

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー  ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 連休期間中も仕事と、オフでの義理ごとのため、あまりネットにかまっておられず、記事更新もいただいたコメントへのレスもできませんでした。
 読者の皆様には申し訳なく、そろそろ次の記事を書きたいところですが、その前にちょっとやりたいことがあります。
 前回記事にて私は、以下のようなことを言ってました。

 こうして更新を休んでいる間にも、ネット屑の暇人どもがアホなチョッカイを出してきているようです。
 何度も申し上げていますが、他人の自分勝手な理由で、 他人のサイト及びその運営方針に口を出し、他人の権利を踏みにじり、言論妨害をする屑ど もが、私は大嫌いです。
 そのような輩に対しては、「まともに相手にしない」というのが基本方針ですが、あまり にも悪質で許しがたい場合には、IP・リモホごと晒したり、ISPに通報するなどの情け 容赦ない措置もとらせていただこうと思いますので、覚悟をしてください。



 こういうことは、前回記事に限らず、以前から何度も言っているはずですが、それでもそういったコメントをしてくるとは……。
 単なるバカですか?
 それとも私を愚弄しているのでしょうか?

 なお、記事内容とは全く無関係のアダルト宣伝のコメント・TBもここでいう「アホなチョッカイ」に含みます。
 というか、悪質な嫌がらせコメントをしていた「工作員」と、アダルトのスパムを送りつけていた輩が実は同一人物だった、という例も過去にありましたので。


 それでは以下、晒していきます。
 なお、ここでストレートに表現してしまったら問題のある言葉は、一部伏せ字にしてあります。
 また、問題のコメントに示されたURLも一部伏せ字にしてあります。これは、読者さんがその怪しげなURLに間違ってアクセスして、犯罪やトラブルに巻き込まれたりするのを防止するための措置です。
 ご理解のほどをお願いします。
連休中のお知らせ
 読者の皆様へ。
 連休期間中は、私komichiが公私共に多忙であるために、おそらく記事更新はありません。
 
 コメントのレスもなかなか返せず、読者の皆様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解、ご容赦のほどをお願いします。
 連休後、早ければ連休の終わりごろに更新を再開しますので、引き続きご支援のほどをお願いします。

「安倍も福田も世襲議員で、90代、91代衆院選なし総理? やりたい放題? なめんなよ自民党、解散しろ、そして自民党終了で「自Endだ」。バナー 「安倍も福田も世襲議員で、90代、91代衆院選なし総理? やりたい放題? なめんなよ自民党、解散しろ、そして自民党終了で「自Endだ」。バナー

copyright 2005-2007 嗚呼、負け犬の遠吠え日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.